–>

【Q&A】SNSで知り合った人に実際に会うってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!

最近無印の「不揃いバウム」にハマってます、
ヒキダイスタッフのひよりです。

(不揃いバウム、ゆずとかさつまいもとか、
いろんな種類があってめっちゃおいしいんですよ!
日替わりで一日一本はいけます。
「不揃い」の所以は無印WEBサイトにて…)

 

そして唐突ですが、

このブログをご覧頂いているあなたに質問があります。

「ヒキダシインタビューを受けてみませんか?」

 

…と、もしも急に言われたとしたら、
どんな気持ちが湧いて来ますか?

下記、よくあるものを挙げてみますので
サラッと見てみて下さい。

 

「なんで自分が?」

「インタビューって具体的に何するの?」

「受けてなんかいいことあるの?」

「個人情報の保護とか大丈夫なの?」

「SNSで知り合った人に会うとか不安…」

「突然化粧品とか勧められないですか?」

「そもそもあなたは何者なの?」

 

実際受けることを検討する上で、
(というかそれ以前の段階で)
気になるところって色々ありますよね。

 

というわけで!

今回から、ヒキダシインタビューを
受けるにあたって出て来るであろう色々な
疑問・質問に対して
ヒキダイ的に回答する記事を
ぼちぼち書いて行きます!

記念すべき一回目のテーマはこちら。

 

「SNSで知り合った人に実際会うってどうなの?」

では早速、回答していきましょう。

――――――――――――――――――――――――

●こんな「不安」ってやっぱりありますよね。

――――――――――――――――――――――――

SNSを通して知り合った、顔も本名もわからない人に実際FACE TO FACE で会う。

最近はカフェ巡りやお菓子作り、映画やアニメ、マンガ等
同じ趣味を持つ人たちがSNS上でやり取りして実際に会ったり、
掲示板で人を集めて休日に体育館でスポーツをしたり…

というのが、数年前と比べて一般的になって来ています。

恋愛や結婚の相手をSNSで探すアプリのCMも
テレビやツイッター上で頻繁に見かけますよね。

 

ただ、それでもやっぱり、
SNSを通しての出会いに不安はつきもの。

「顔も本名も知らない人と、実際に会うのは抵抗がある」

「以前SNSを介してお茶した人に、
化粧品とか健康食品とか勧められました」

「自分人見知りなんで、めちゃくちゃ緊張します…」

というのは実際よく聞くお話です。

 

「若い女の人だと思っていたら、待ち合わせ場所にいたのが
(推定)50代のおっさんで心底びっくりした」
とか。

(これは相当怖いですね。)

 

では、そのあたりについてヒキダシ大学は
どのように考えているのでしょうか?

 

――――――――――――――――――――――――

●結論、「大丈夫です。」

――――――――――――――――――――――――

「顔も本名も知らない人と、実際に会うのは抵抗がある」

→ヒキダイでは、受けて下さる方が事前に抱く
不安要素は出来るだけなくしたい、と考えています。

せっかく来て下さる方に、
是非リラックスして楽しく
インタビューを受けて頂きたいからです。

そのため、

・男性が苦手なのでインタビュアーは女性がいい
・うるさい場所が嫌いなので、出来るだけ静かな場所がいい
・京都駅は行きづらいので、京阪沿線にしてほしい
・何歳くらいのどんな人が来るのか、もっと詳しく知りたい

などなど、もしご要望がございましたら
出来る限り対応させて頂きます。

(もしも対応出来ない場合は、
きちんと理由をご説明させて頂いています)

なので、
実際に会う上での心配事がもしありましたら、
是非事前にスタッフまで
気軽にぶつけて頂ければと思います。

 

※事前に、当日行くスタッフの性別に加え、
簡単なプロフィールはお伝えしますので、

「女性だと思っていたらおっさん」
の悲劇はまずないはずです。

 

「以前SNSを介してお茶した人に、
化粧品とか健康食品とか勧められました」

→ヒキダシ大学はネットワークビジネスの
勧誘等では一切ないので、ご安心下さい。

ヒキダイはあくまでも純粋に、正々堂々と、
「関わる全ての人の可能性を引き出す」ための
インタビュー活動をしています。

真偽のほどは是非、インタビュー当日にて。

(というか、もしインタビュー現場で
そんなことをこっそりやっているスタッフがいたなら、
是非ヒキダイ事務局まで通報お願いします…!
そいつはヒキダイの名を語る偽物です!)

 

「自分人見知りなんで、めちゃくちゃ緊張します…」

→実は私たちも、会う前はめちゃくちゃ緊張します。

どんな人が来るのか…
どんなインタビューになるのか…

勿論会ってみないと分からないからです。

ただ、もし口下手な方でも、
考えを整理するのに時間がかかる方でも、
どんな方が来て下さったにしても
「相手に合わせてじっくりお話をうかがう」
というのを信条にしています。

また、相手が話しやすい環境づくりや
質問の仕方については、
ヒキダイスタッフが特に努力しているところでもあります。

ミーティングでロープレをしたり。
お互いの気になる点を指摘しあったり。

このあたりは、
「私たちを信じて、是非一歩踏み出して頂けたら嬉しい」
という程度にとどめておきますね。

 

あと、ヒキダイスタッフにもいます、人見知り。

ただ、多くの人と会う機会を持つことで
そんな自分を変えたい!という思いを持って
活動に取り組んでいたりします。

インタビューを受けて下さる方とスタッフの
両方が成長出来るということが
ヒキダイの活動の大きなポイントでも
ありますので、是非ご協力頂けると嬉しいです。

 

――――――――――――――――――――――――

●最後に、一言付け加えさせて頂きます。

――――――――――――――――――――――――

とはいえもちろん、
ヒキダシ大学の活動のすべてにおいて、
強制は一切ありません。

(というより、せっかく来て下さる方に対し
そんなのおこがましくて出来ません)

「受ける」か「受けない」か、
最終の選択はあくまでもその方の
自由意志にお任せしていますのでご安心を。

ブログやWEBサイト、
ツイッターのつぶやきなど、
ヒキダシ大学の理念や活動内容が垣間見える場所は
いろいろあるかと思いますので、

ぜひそれらをチェックして頂いて、ゆっくりご検討下さい。

(そして最終的にもしも「受ける」を選んで頂けたなら、
私たちとしてはとっても嬉しいです!)

 

そのほかご不明点、ご要望等ございましたら
下記アドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。

・ヒキダシ大学事務局
info@hikidai.jp

 

 

今回は
「SNSで知り合った人に実際会うってどうなの?」
について見て来ました。

この記事を読んで、あなたがインタビューについて
少しでも前向きな印象を持って下さったなら嬉しいです。

 

以上!
今週は不揃いバウムの宇治抹茶味を買おうと決意している、
ひよりでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。