コミュニケーションの取り方 ~その2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回は、仕事の例を出しながら、
コミュニケーションをとる上で大切なことは相手の状況を知ることと書かせてもらいました。

しかしこれは、
家族・友人・恋人関係においても
同じことが言えると思います。

どれだけ相手の状況やニーズを理解しているか、

それが全てものをいうのではないかと
ここ最近は特に感じています。

『自分がこうしてあげたい』ではなく、

『相手が何を欲しているのか』

それに常にアンテナをはること。

そして、相手のニーズにあったものを
提供し続けること。

それが
一番喜んでもらえることなのかなと思っています。

『コミュニケーション』
というテーマからは
少し外れているかもしれませんが、
ここで私の体験談を
ご紹介したいと思います。

この夏、母の誕生日で、
私は大きめで上半身がすっぽり隠れる
深い赤のカットソーを
プレゼントしました。

というのも、
母は腰を手術した後で、
日中、腰から胸にかけて
分厚いサポーターをつけていた為、
それを目立たせない様にする為、
毎日大きめのシャツを着ていました。

自宅にいる時は、
それでいいのですが、
外出用の服が欲しいと言っていたので、
今の母の状況に合う様な
服を考え探しました。

結果、
それほど高い物ではなかったのですが、
とても喜んでくれました。

色を濃いめにすることによって
中のサポーターもすけにくく、
すごく活用してくれているそうです。

同時に、
弟はイタリア製の高いサンダルを
プレゼントしたそうで、
それはそれで母は喜んでましたが、
実際はあまり履いていない様で、

『嬉しいけど、これは弟の自己満足や』

と、ふとぼやいていました。

勿論、
決して弟を否定しているわけではありませんし、親の誕生日を覚えてちゃんとお祝いしてあげる家族思いの子です。

でも、自分が逆の立場だったら、
その後ちゃんと使える物の方が
より嬉しさが増すだろうし、
折角もらったのに、使わないで
ホコリを被らせるのも
何だか申し訳ないです。。

この一連の流れからも、
相手のニーズを理解することの
大切さを感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。